提訴の動き

品川美容外科への訴訟に関して

品川美容外科に関する提訴問題について、一度は耳にしたことのある人も中にはいるのではないでしょうか。美容整形の分野で広く知られている品川美容外科に対する問題のため、その内容に少なからずショックを受けたという人も多かったようです。 この問題、2014年の時点で、品川美容外科で美容整形手術、施術を受けた人が全国各地で複数の提訴を起こしているというものでした。品川美容外科で施術、手術を受けて痛みや顔のゆがみなどの後遺症に悩まされているというもの、そしてそれに至るまでのクリニック、医師や医療スタッフの説明不足を指摘した上で正式な謝罪、そして慰謝料を請求しているというものです。 もちろん、その内容は各訴訟によって異なってくるものなので、気になる人は一度チェックしてみてもいいかもしれません。

具体的な金額とその傾向について

品川美容外科に関する訴訟に限ったことではないのですが、一般的に提訴を行う場合、それに伴う弁護士費用などの諸経費を用意する必要があります。もちろん、その費用内容は各弁護士事務所によって違ってくるのですが、着手金やその他もろもろの費用を含めても数十万円、中には数百万円という金額が必要になってくることもあるようです。 今回の提訴で多かったのは集団でそれらを行う集団訴訟です。弁護士費用やその他の費用をその集団の人数分で割ることができるので、その分個人の負担は少なくなります。 そして、裁判に勝てば多額の賠償金も貰うことが出来るのです。 また、提訴をした人の中には、この多額の賠償金目当てに訴訟を起こした人もいるかもしれません。品川美容外科に限らず美容整形には多額の費用がかかりますから、施術結果に満足しているのにも関わらず、賠償金で費用を回収しようとしている可能性があるのです。 本当のところはわかりませんが、品川美容外科が訴訟を起こされたからと言って、安直に品川美容外科に全ての責任があるとは考えられないと言えるでしょう。